123456789101112131415161718192021222324252627282930
    -------- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    | スポンサー広告 |
    2008-10-18 (Sat)
    バリ島、デンパサールからウブドへ向かう途中にある、バトゥブラン村で見た”バロンダンス”。
    乾季の公演のときは、観光客で満員になり、演じる方も熱が入る内容。
    雨季の公演は、お客さんの入りもかなり悪く、空席が目立つ。ビックリしたのは、同じストーリーのはずなのだが、中省略されていて、残念な事に、乾季の時のような熱の入った演技は見られなかった。
    雨季の観光は微妙って事(・・?

    そんな訳で写真は、乾季の時のを使っています。もちろんインドネシア語での公演なので、はっきり言って全く話している内容は理解できませんでした(>_<)
    確か、内容の書かれた紙を渡された記憶が・・・
    でも、そのパフォーマンスで、時々会場からは、ドッと笑いが沸いていました。

    写真は、インスタントカメラで撮影してます。画質悪くてごめんなさい<(_ _)>

    始めに、綺麗な衣装のお姉さま方が登場して踊ります。
    ハイ!写してますよぉ~、こっちこっち~、カメラ目線(??)を、感じてます(^^ゞ
    b_42.jpg

    聖獣バロンをカラかっていた悪戯なサルを、村人たちが捕まえようとして、追い掛け回してます。
    b_41.jpg

    何やら、会場がドッとうけた時。どこの国の人も、笑う場所は同じということで・・・
    ちなみに、これはお尻尾ですよ!包丁もって切ろうとしてました(ーー;)
    b_45.jpg

    ジャ~ン!ランダ登場!死をもたらす魔術師です。ランダは女性で暗闇の象徴とか。
    何故に、女性が悪役(・・?
    ベロ~んと長い舌(・・?が妙に可笑しくて、全体の雰囲気も何故か、悪に感じなかった。むしろ、愛着がわいて来るから不思議(^^ゞ
    b_44.jpg

    聖獣バロンちゃんですよ~と、言いたくなるくらいお茶目な感じがしました。
    バロンは、善なる神です。男性で太陽や光の象徴。
    b_43.jpg

    ここバトゥブラン村は、ヒンドゥー寺院の大きな石像や家の門の魔よけまで、造られていることでも有名です。
    道路を走っていると本当にたくさんの石像を、道の両側に見ることができますよ。
    銀細工で有名なチュルク村へも近いです。

    ブログ村ランキング参加しています。
    もし、記事や写真の内容に共感できましたら、励みになりますので、クリックのご協力をお願い致します。
    にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

    スポンサーサイト
    | バリ | COM(4) | TB(0) |















    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。