12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    -------- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    | スポンサー広告 |
    2008-11-28 (Fri)
    写真はサムネイル表示です。クリックで大きくしてご覧くださいね(^^)
    浅草寺本堂。
    ask_114.jpg
    本尊の観音像を祀るため観音堂とも呼ばれる。旧堂は慶安2年(1649年)の再建で近世の大型寺院本堂の代表作として国宝(当時)に指定されていたが、昭和20年(1945年)の東京大空襲で焼失した。現在の堂は昭和33年(1958年)に再建されたもので鉄筋コンクリート造である。外陣には川端龍子(かわばたりゅうし)筆「龍の図」、堂本印象筆「天人散華の図」の天井画がある。
    解説:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
    ask_86.jpg

    宝蔵門をくぐり左手に見える五重塔。
    ask_77.jpg
    五重塔 :フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
    慶安元年(1648年)の建立。昭和20年(1945年)の東京大空襲で焼失した。現在の塔は本堂の西側の寛永度三重塔付近に場所を移して、昭和48年(1973年)に再建されたもので鉄筋コンクリート造、アルミ合金瓦葺き、基壇の高さ約5メートル、塔自体の高さは約48メートルである。基壇内部には永代供養のための位牌を納めた霊牌殿などがあり、塔の最上層にはスリランカから将来した仏舎利を安置している。なお、再建以前の塔は東側にあった。現在、その位置(交番前辺り)には「塔」と刻まれた標石が埋め込まれている。
    ask_85.jpg

    火の見櫓と半鐘
    ask_82.jpg

    ブログ村ランキング参加しています。
    励みになりますので、クリックのご協力をお願い致します

    ブログランキング・にほんブログ村へ



    スポンサーサイト
    | 浅草 | COM(2) | TB(0) |















    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。