12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    -------- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    | スポンサー広告 |
    2009-02-03 (Tue)
    写真は全てサムネイル表示です。是非、クリックで臨場感を味わってくださいね(^^)
    <Around City Hall>
    セント・アンドリュース教会(イギリス国教会派)
    MRT(市内は地下鉄)の<City Hall Stn,>シティ・ホール駅を降りてすぐ傍にあります。
    広い敷地にあるゴシック建築の建物は、1856~63年に建てられたそうです。
    <St. Andrew's Cathedral>
    singa_around_city_hall_2_1.jpg

    国会議事堂
    シティ・ホール駅からシンガポール川を目指してて約10~15分。
    <Parliament House>
    singa_around_city_hall_3.jpg

    <シンガポール豆知識>
    シンガポールが、ほぼ赤道直下にあるというお話は、過去記事にも書きましたね~
    それで冷房が効き過ぎて寒いという事は、有名かもしれませんね~
    <冷房温度設定>
    一般家庭・・・18度位
    公共施設・・・24度位
    この話を聞いて納得ですね~外気温と室内の温度差を考えて、上着は持ち歩く必要がありますね~

    <シンガポールのマナー>観光客として、最低限は知っておきたいマナーを書いておきますね~
    シンガポールのチャンギ国際空港に降りたって感じることそれは、「美しい」の言葉ではないでしょうか
    シンガポールは特に街の美観に拘りを持ち、街を歩いていてもゴミが落ちていた、という光景には出合いませんね~美しい街並みを維持するために、禁止事項が定められているんですね~
    もちろん観光客でも、ルールを守らないとしっかり罰金などを科せられるそうですよ~

    <禁止行為と罰金>
    ゴミ・タバコの吸殻のポイ捨て・・・S$100~200
    MRT・バス内での飲食・・・・・・・・S$500
    横断歩道から50m以内での道路横断(横断歩道が傍にあるのに使わずに横断してしまう事)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・S$50
    公共の場で喫煙・・・・・・・・・・・・S$1000
    路上での歩きながらの喫煙は、吸殻の始末をきちんとすれば基本的には、OKだそうです。
    道路でも人が密集する公共の場付近での、喫煙は許されていません。

    <多民族と多宗教の国>
    宗教や民族が違えば、もちろん習慣も色々ありますよね~
    <ヒンドゥー教>
    子供の頭には神様が宿ると言われています。そのことから子供の頭を絶対に撫でてはいけないのですね~
    これは、インドネシア・バリ島でも同じことが言われていますね~
    それと、左手は不浄の手です。左手で食べ物を口に運ぶ事はタブーとされています。

    <イスラム教>
    モスク(イスラム寺院)に男性のショートパンツ姿や、女性がむやみに肌を露出する服装での入場はできませんね~(>_<)

    それと麻薬の売買は、死刑と聞きました(ーー;)

    日本の成田空港からだと、シンガポール・チャンギ国際空港まで、7時間あまりかかります。せっかく到着したのに、マナーや習慣も知らないでいると困った事になりかねませんね~

    本日の最後は、お花の写真を載せてみましたぁ~
    お花の右上に茶色の平たい鞘がえますね~
    singa_fl_15.jpg
    <オウゴチョウ>・・・・・・和名 <Peacock Flower>・・・英名
    原産国・・・東アフリカ・西インド 開花期・・・・通年 
    撮影場所:Raffls Hotel (ラッフルズ・ホテル) シティー・ホール駅から約5分。

    また、本日も長々とお付き合いくださいまして、ありがとうございました<(_ _)>

    ブログ村ランキングに参加しております。
    励みにしておりますので、是非クリックのご協力をどうぞヨロシクお願い致しますにほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト
    | シンガポール | COM(14) | TB(0) |















    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。