123456789101112131415161718192021222324252627282930
    -------- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    | スポンサー広告 |
    2010-03-11 (Thu)
    ISTANBUL(イスタンブル)~TEKIRDAG(テキルダ) マルマラ海沿いに続く風景の写真を載せてみました。

    <トルコ豆知識>
    トルコ共和国。1923年に首都が、ANKARA(アンカラ)からISTANBUL(イスタンブル)へ遷都されてその時に共和国宣言をしたそうです。

    国土は日本の約2.1倍。アジア側とヨーロッパ側に分かれているんですね~
    因みに、イスタンブルは両方にまたがってるんですね~(^^!

    それから、ヨーロッパ側の面積は、トルコ全土の約3%しかないんですって\(◎o◎)/!。。。
    ヨーロッパ側の隣国は、ご存じBULGARIA(ブルガリア)GREECE(ギリシャ)ですね( ..)φ

    アジア側は、小アジア・アナトリアと称されてます。
    アジア側の東隣国は、SYRIA(シリア)、IRAQ(イラク)、IRAN(イラン)、AZERBAIDZHAN(アゼルバイジャン共和国)、ARMENIYA(アルメニア共和国)、GRUZIYA(グルジア共和国)と、陸続きでこんなに多くの国と接しているんですね~

    因みにアジア側は、北→黒海、西→エーゲ海、南→地中海と三つの海にも面していて、海岸線はとっても長ぁ~い。。。

    という訳で、この写真は全国土の3%のヨーロッパ側を車で移動中なのです。
    見えているのは、マルマラ海。
    a car window_17

    この写真の中ほどに黄色い所が、見えてますよね・・・ひまわり畑なんですよ~
    トルコには四季があって、肥沃な大地を有しているんですが、夏はとっても乾燥が激しくって、私たちが行った時もカラッカラ 履いてる靴の色が土埃で真っ白に変~身トォーみたいな・・・(?_?)

    a car window_19

    a car window_20

    モスク(ジャミィ)が、見えますね
    世界遺産としても登録されてい有名なモスクは、また後ほど写真でご紹介しますが、このように普通に村や町らしき風景が目に入ってくると、そこには必ずモスク(ジャミィ)が存在しています。

    なんと トルコ国内には、大小様々なモスク(ジャミィ)が6万7千も存在するのだそうです。
    私は、最初モスクを見かけるたびに珍しくて、バシャバシャと撮っていたのですが・・・
    その話を現地ガイドさんから聞いて「アハ~(゚∀゚ ;)タラー」キリがないことに気が付き(遅!!)撮るの止めました(*≧∀≦)

    どんな小さな村でもジャミィはあって、新興団地などに建てたジャミィなどは、信者さんたちの数が少なくて、せっかく建てたジャミィを維持していくのに困難になっている所もあるそうなんですよ( -Д-) ゚Д゚)フムフム
    聞いてみないと解らない話ですね~

    a car window_21

    さて、次はどこかなぁ~(?_?)って、TEKIRDAG(テキルダ)の写真はどうしたの(`・ω・´)!シャキーン

    アハ(*pωq*) 話が長くなったので次回に回すことに・・・

    本日も最後まで、ご覧下さってありがとうございました<(_ _)>
    スポンサーサイト
    | トルコ | TB(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。