12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    -------- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    | スポンサー広告 |
    2010-04-15 (Thu)
    画像はワンクリックで拡大されますからネッ(oゝД・)b

    <ケルスス図書館>は、エフェソスの遺跡の中でもひと際は目を引く物がありました。
    クレテス通りの坂道を下った先には、2世紀中ごろ<アジア州総督ケルスス>を記念して建てられたとされる<ケルスス図書館>が、聳え立っていました。
    前門の※コリント式柱を持つ建物が<ケルスス図書館>です。そして右手に見えるアーチは、<マゼウス&ミトリダテス門>
    ruins_60.jpg
    コリント式柱
    紀元前5世紀頃に、アテナイで発明されたオーダー(柱のつなぎの部分)※アカンサスの葉を模している。
    通常は、柱頭に上下8枚ずつ、互い違いに アカンサスが彫り込まれるが、装飾の豊かさと自由さによってヴァリエーションも多く、柱の装飾として好まれた。
    アカンサス
    アカンサス(Acanthus、ハアザミ、葉薊)はキツネノマゴ科ハアザミ属(アカンサス属 Acanthus) の植物を総称。

    図書館から見るとこんな感じ・・・右手の上の方から下ってきたんですよ
    ruins_66.jpg
    <マゼウス&ミトリダテス門>の手前右側には、このような棺も発掘されていました。
    ruins_59.jpg

    ケルスス図書館の女神たちの像には、それぞれに司るものがあるそうです。
    正面向かって右側から・・・
    <英知>
    ruins_61.jpg
    <徳性>
    ruins_62.jpg
    <思慮>
    ruins_63.jpg
    <学術>
    ruins_64.jpg

    女神たちのある像の所に立って上を見上げています。
    見事な大理石と美しいレリーフですね~
    この場所に立っていると、今まで炎天下の中を遺跡巡りしていたことなど忘れてしまうほど、心地よくて涼しい風が吹き抜けていくのでした。まるで別世界です。観光客の皆さんもここでしばし涼んでいかれる方が多かったですよ~
    ruins_69.jpg

    図書館の中はこのようになっていました・・・
    ruins_67.jpg
    ruins_68.jpg

    <マゼウス&ミトリダテス門>
    解放奴隷である二人が、アウグストス帝に感謝の意として建てたそうです。
    ruins_65.jpg
    マゼウス&ミトリダテス門を抜けると列柱があり、そして通称<下のアゴラ(商業アゴラ)>が広がっていました。
    ruins_70.jpg

    <商業アゴラ>
    ruins_71.jpg

    本来ならこの列柱の上の方に並行して通っている<マーブル通り・通称大理石通り>を見学できるのですが・・・
    残念なことにこの時は修復中という事で、マーブル通りを歩くことはできませんでした(-ω-ll)
    マーブル通りには、古代の落書き<娼館>の足跡などがあるそうです・・・見たかったなぁ~
    ruins_74.jpg

    振り返ると<ケルスス図書館>・・・本当に砂漠の中のオアシスだったなぁ~
    ruins_72.jpg

    これは道のあちこちで見られた目印で・・・<古代の十字架>だそうです。
    ruins_73.jpg

    さて、いよいよエフェソス遺跡巡りも次回で最終回となりますからネッ(oゝД・)b

    本日も最後まで長々とお付き合いくださいましてありがとうございました<(_ _)>






    スポンサーサイト
    | トルコ | TB(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。